<< KGTテラゾブロックが石川県エコ・リサイクル製品に認定されました。 | main | 代表取締役変更のお知らせ >>
2018.03.29 Thursday

【金沢城・西外惣構の遺構】瓦砂入り土舗装材施工いたしました。

0

    いつもお世話になっております。

    春の訪れを感じる今日この頃、北陸ではそろそろ桜の蕾が弾けそうです桜桜

    桜の季節になりますと金沢は更に活気づき金沢城、兼六園などには桜を見に来るたくさんの方で大賑わいとなります。

    そんな活気づいている金沢城に深く関係のある金沢西外惣構の防御施設「升形」の復元工事が行われ

    升形周辺を瓦砂入り土舗装材施工いたしました。

    金石街道は非常に交通量も多く付近は町屋の他、マンションなどが立ち並び密度の高い金沢市中心部での施工は

    移動式車載プラントが大活躍の現場です!!

     

    惣構とは・・・金沢城を核とする城下町を囲い込んだ堀や土居などの防御施設のことでう。

    安土・桃山時代〜江戸時代初めにかけて、多くの城下町で造られました。

    金沢城のお堀とは別に、城下町に内・外 二重の惣構がありました。

    今回復元されるものは金沢城の西側にあった外側の惣構堀になります。

    この巨大な升形の土居は高さ5m、幅約11mとなりかなりの急斜面!!

    江戸時代にこのような巨大な土居があった・・・もちろん人力でと想像しただけで驚きですびっくり

    升形は重要な出入口を升のように囲むことで、いざとなった時に升の中に敵を閉じ込めて四方から攻撃することも

    可能な防御施設だったそうですひぇ〜ヒェ〜

    4月15日に完成報告会が開かれるそうです。

    皆様金沢にお越しの際は加賀百万石のスケールを体感できるポイントにもなっておりますので

    散策してみてはいかがでしょうか?

    平成30年3月22日北國新聞掲載記事

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM